コンプレックスがある人でも風俗嬢になれる!

コンプレックスがある人でも風俗で働くことができます。コンプレックスを活かして働いてみましょう。 - 脚は責めて満足させる、コンプレックスを風俗で上手に利用しよう

アーカイブ

脚は責めて満足させる、コンプレックスを風俗で上手に利用しよう

hgn
脚が太い、足が大きいは風俗で働くには対して役に立たず、不利になると思っていませんか?筋肉が付きやすいので、ヒップなどの下半身も太く見えてしまいますよね。実際には、コンプレックスになりやすい脚は太くても、大きくても、男性から需要が高いものです。
■下半身の悩みは分かりにくい
下半身にコンプレックスを持っている方に多いのは、男性のような野太い脚やヒレのような大きい足などが挙げられます。そのほとんどが勘違いである可能性が高いですが、一緒に働く女性と比較すると不安になってしまうものです。
また、男性からすれば、スラリとした細い脚やこじんまりとした足が女性の魅力があると考えられているからか、どうしても脚を出すことに自信がなくなってしまいます。
風俗求人には、脚のことは書かれていることは少ないですが、オナクラや風俗エステなどは全身を脱ぐことはなく、トップレスが主流です。ただ、ヘルスやソープは全身脱衣になるので、コンプレックスが露わになります。
周囲から見れば、そこまで気にする必要はないと思いがちですが、本人にとっては「指摘されるのでは…」と不安な部分でもあります。風俗で一緒に働く同僚や先輩に相談してもなかなか解決できないもの。だからこそ、悩みは深くなりやすいです。
■M性感では喜ばれやすい
足の悩みを解決するには、M性感がおすすめです。マニア向けだとしても「顔を踏んでほしい」と願う男性からすれば、足が大きいのは利点になります。
下半身に自信が持てない方ほど、M性感で働くことで相手から喜ばれたり、満足させやすくなります。
ヘルスやソープでも、脚を巧みに利用すると顧客からも反響があります。風俗では、体全体を使うイメージですが、コンプレックスを使うことで強みに変化させることもできます。

関連する記事

風俗嬢